法律事務所で実務を学ぶのが近道です

###Site Name###

弁護士というのは依頼者の人権を守る大切な仕事です。

依頼者にとっても全幅の信頼を置ける相手でもあります。
そのように依頼者から全幅の信頼をされるような弁護士になるには法律の知識だけではなく柔軟な発想力が必要になります。

確かに弁護士になるには膨大な法律の知識が必要になります。
そうでなければ依頼者を法律で守ることができないものです。


法律というのは私たちを守ってくれるものですが、時として私たちを苦しめることにもなるのです。

弁護士というのは法律の知識さえ詰め込んでおけばできるという簡単なものではないです。

その法律の知識を使って如何に依頼者の権利を守り最大の利益を得られるかを考えなければならないのです。
膨大で複雑な法律の中から依頼者の権利と最大の利益を得られそうな法律を見つけなければならないです。

これはもう経験を積むしかないものです。経験というのは弁護士になってから積んだのでは遅いものです。

司法試験に合格して司法修習生になってそれを終了した時点である程度の経験を積んでいることが大事です。弁護士になってから経験を積んだのでは他の同期の弁護士に差をつけられてしまいます。
経験を積むには法律事務所がぴったりです。

法律事務所の弁護士さんにぴったりくっ付いて弁護士の仕事の何たるかを身に付けるのです。

難しい法律の分厚い本を覚えるだけよりよっぽど実践的と言えます。

弁護士の依頼者というのは法律に関して困っている人たちです。

弁護士さんを信頼して仕事を頼んでいるのです。


適当に弁護して依頼者の権利や最大の利益を得られなかったら弁護士に対する信用は一気に失墜してしまいます。

法律事務所では如何に依頼者の権利と最大の利益を得られるかを学ぶことができるのです。

将来自分が弁護士になったときに法律事務所でしっかり学んだことを利用して依頼者の権利と最大の利益を得られるようにしたいものです。
習うより慣れろということわざがある様に、法律事務所では様々なケースの事案を直に勉強することができます。


法律事務所での経験は将来に渡って活きることになります。

http://matome.naver.jp/topic/1M2O2
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_08_01/
http://www.nissankyo.or.jp/nsk/no-trouble/seido.html











PAGE TOP